色素を落とすことが重要

看護師

異常があれば検査をしよう

強い直射日光を浴びたりすると皮膚の防御反応が働き、ほくろが発生してしまいます。黒色色素が沈着することで発生するので、ほくろを除去するためには色素を発生させないようにし、沈着した色素を落とす必要があります。治療方法は大きく分けて2種類あり、美白美容液といった化粧品を使用する方法と美容院で手術をする方法となっています。美白美容液は色素を取り除く効果があり、肌に必要な保湿成分なども与えることが出来るのでほくろの治療と発生予防が同時にできるという特徴があります。刺激が少なくて作用が穏やかであるため、小さなほくろを治療する際は美白美容液を使用するのが良いでしょう。美容院では医療レーザーを使用したり、電気メスで切除したりするといった治療が行われています。どちらの方法も短時間で効果が大きいという特徴があり、治りが遅い物や膨れ上がってしまった物を治療するのに効果的となっています。発生したほくろが大きかったり、気になる部位にできてしまったので早めに治したいという場合は美容院で除去するのが良いでしょう。ほくろはくっきりとした黒色であるため、大きく目立ってしまうデメリットがあります。直接身体に害は無いため発生してもすぐに除去されることは無く、皮膚が新しく生まれ変わるまで残り続けてしまいます。そのため、ほくろ治療は白くて綺麗な肌を手に入れるために必要であると言えるでしょう。また、ほくろは紫外線といった肌への刺激だけでなく、別の病気が原因となって発生することもあります。基本的に発生したほくろは急激に大きくなったり、触った際に痛みなどを感じたりすることはありません。しかし、何らかの病気を伴っていると頻繁に再発してしまったり、大きく腫れ上がったりしてしまうことがあります。この様な異常があった場合、すぐに皮膚科などで検査をするのが良いと言われています。治療を進めることで隠れている病気を発見することが出来たので、結果的に早期治療へと繋げることが出来たというケースが存在します。この事から、身体の異常を発見する目的でもほくろ治療が行われていると言えるでしょう。

顔に触れる女性

何で除去するのか

治療を希望するほくろの多くは顔にあるもので、種類としてはミーシャー母斑のことがほとんどです。母斑細胞が肌の奥深くに存在するため、確実に取り除くのなら切開法が適切ですが、小さいものはエルビウムヤグレーザーが適用されるのが一般的です。

カウンセリング

着目する視点はどこか

ほくろは美容クリニックで綺麗に治療する事ができますが、美容医療は保険適応外なので全額自費になります。費用はクリニック毎で異なりますが、全国平均で1つ5000円程です。クリニック選びはどこでも良い事はなく信頼できる場所を見つける事が大切です。

男性医師

自分の顔には邪魔なもの

ほくろ切除の治療を決めた人は、病院選びを慎重にする必要があります。大事な肌を傷つけないように手術を行ってくれる病院探しが必要になるからです。そのためには、費用ばかりを気にするのではなく、実践例を知ることも大事なことになります。

顔に触れる女性

適切なケアが重要です

色素が沈着することでほくろが発生するため、治療期間中はメラニンの過剰分泌を抑える必要があります。美容外科でも治療することができ、効果が高いというメリットがあります。医師の指導も受けられるので、ほくろ治療が初めての方にもオススメです。

女性

レーザー機器の認知が進み

美容医療でレーザー機器がすっかり有名になったことと、世間の美容意識の高まりにより、ほくろ治療を行う人は増加傾向にあります。特にほくろに適するのはエルビウムヤグレーザーで、麻酔をかけずに細胞だけを狙って優しく蒸散させることが可能です。