適切なケアが重要です

顔に触れる女性

アフターケアに注意しよう

発生したほくろを除去する方法は多くありますが、適切な方法でケアをしないと十分な効果が得られないことがあります。ほくろの治療で注意するポイントとして、肌への強い刺激を避けることと、生活習慣を改善させることが挙げられます。ほくろはメラニンと呼ばれる色素が多く分泌され、組織に沈着した結果生じます。メラニンは紫外線などの刺激から肌を守るために分泌される物質であるため、分泌を抑えるためには直射日光などを避ける必要があります。そのため、治療期間中の外出時には日傘などを使用することに加えて、日焼け止めクリームなども使用するのが良いでしょう。日焼け止めクリームも過剰に使用すると肌を刺激する恐れがあるため、低刺激の物を適量使用するのがポイントです。また、ほくろを除去するためには、古い肌を新しい肌へ生まれ変わらせるターンオーバー機能を活性化させることも重要です。ターンオーバーは睡眠中に進行するため、夜更かしをすると古い肌が残ったままになります。色素が沈着した肌を生まれ変わらせるためにも、睡眠時間を確保し、生活習慣に気を付けることが重要です。ほくろのケアは美白化粧品などを使用して各自で行うこともできますが、美容外科で治療することもできます。美容外科でケアを行うメリットとして、個人でケアをするよりも効果が高いことと、医師による指導が受けられるので肌トラブルなどが生じた場合でも安心できることが挙げられます。一般的に、治りが遅いほくろや大きな物は美容外科で治療することが多く、短時間で処置が終わるようになっています。医療レーザーと呼ばれる光を照射して治療する方法が特に代表的であり、仕上がりが綺麗という特徴があります。刺激も少なくなっているため、初めてほくろを治療する方にオススメとなっています。美容外科でほくろのケアをした後は、患部を保護するといったアフターケアに注意する必要があります。治療後の肌は刺激に対して敏感になっており、ガーゼなどで数日間は保護をする必要があります。そのため、少なくとも一週間程度は患部への強い刺激は避けるようにし、医師の指導があれば従うようにするのが良いでしょう。