何で除去するのか

顔に触れる女性

細胞の位置で種類分け

シミやいぼのように年齢を感じさせるものではないものの、ほくろは濃い色のものが多いので、沢山あったり大きかったり出っ張っていたりすると、存在感が大きいです。基本的に良性腫瘍であり治療の必要性は低いですが、気になるものであれば除去を考えるのも一つの方法です。また、急に大きくなったものや形がいびつなものなどは悪性腫瘍が疑われるので、急いで皮膚科を受診してください。良性のものは、美容外科や形成外科などでも除去できます。主な治療方法はエルビウムヤグレーザーによるもので、ほくろの大きさが5mmや6mmを超えると切開法が適用される場合が多いです。エルビウムヤグレーザーの特徴は、レーザーが反応するのが色素などではなく、水分という点です。ほくろは皮膚と比べて水分の多い組織のため、周りにほとんど傷を付けずに除去できます。傷の回復が一段と早く、瘢痕が残る可能性も低いです。一方、ほくろの組織を取り残す可能性が低いのが特徴の切開法は、再発の可能性が低いのがメリットになります。また、美容外科や形成外科では傷痕の残りにくい縫合方法を採用しています。ほくろというと黒くて丸い出来物を連想するでしょうが、出っ張るものもあれば平坦なものもあり、黒いものもあれば肌色のものもあります。種類の分け方は色々あるものの、その一つに境界母斑に複合母斑、真皮内母斑という分け方が挙げられます。ほくろは母斑細胞という細胞の増殖によるもので、黒っぽく見えるのは、メラニン色素も含むためです。出現当初は黒くて小さく平坦だったものも、時間が経つとドーム型になっていきます。これは表皮近くで増殖し始めた母斑細胞が奥に向かって増えて、真皮層や脂肪層にまで達するからです。順番的には、境界母斑が複合母斑となり、最終的に真皮内母斑となります。黒かったものも次第に色が淡くなっていき、肌色になることもあります。治療する人の多くは顔のほくろで、ミーシャー母斑という種類のものがほとんどです。黒褐色でドーム型、母斑細胞の位置がとても深い場合がしばしばあり、再発リスクは高めといえます。治療で完全に母斑細胞を取り除きたいのなら、切開法が安心かもしれません。